ifc買取MAXロゴ
電話番号ロゴ_埼玉

iPhone6sPlus 買取

iPhone6sPlusはiPhone6Plusに引き続いて発売されたiPhoneの大型モデルで、携帯機でありながら大画面で動画やゲームを楽しめる機器となっています。

この記事ではiPhone6sPlusの基本的なスペックを踏まえながら、同時発売されたiPhone6sなど他のモデルと比較してご紹介していきます。

iPhone6sPlusについて

iPhone6sPlusは2015年9月25日にiPhone6sと同時発売されました。3DTouchやLivePhotos、光学式手ぶれ補正などの新機能の搭載、新しく採用されたローズゴールドなど、いくつかの特徴があります。

 
iPhone6sPlus
スペースグレイ / シルバー / ゴールド / ローズゴールド
容量 32GB 128GB
画面サイズ 5.5インチ Retina HDディスプレイ
画面解像度 1,920×1080ピクセル解像度、401ppi
サイズと重量

高さ...158.2mm

幅...77.9mm

厚さ...7.3mm

重量...192g

CPU A9チップ
カメラ解像度 12MP
バッテリー

連続通話時間 最大24時間

インターネット利用時間 最大12時間

防塵・防滴 非対応
ID認証 Touch ID
True Tone ディスプレイ 非対応
Apple Pay 対応
ワイヤレス充電 非対応
高速充電 非対応
ポートレートモード 非対応
※引用元 Apple Inc.

スペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4種類です。ローズゴールドはiPhone6sおよびiPhone6sPlusから新しく採用された色となっています。

つや消しのボディと丸みを帯びたフレーム、上部と下部のラインなどが特徴です。

容量

容量は32GBと128GBの2種類で、iPhone6sと同じサイズとなっています。これまでに16GB、32GB、64GB、128GBの4種類がありましたが、2種類に変更されています(2018年8月現在)。

画面サイズ

画面サイズは5.5インチ HDディスプレイです。Plusシリーズはすべて共通のサイズになっています。

画像解像度

画像解像度は1,920×1,080ピクセル解像度、401ppiです。iPhone7Plus、iPhone6Plusも同じ解像度になっています。

サイズと重量

高さ158.2mm、幅77.9mm、厚さ7.3mm、重量192gです。本体サイズが大きく作られていることによって、インターネットやアプリの利用、写真の撮影やゲームなどの視認性が良くなるというメリットが挙げられます。

逆に、ユーザーによっては片手での操作が難しくなる、長時間持ったままでいると重さが気になる、ポケットに入らない、というデメリットも考えられるでしょう。

CPU

iPhone6s、iPhone6sPlusで採用されたA9チップは、iPhone6で搭載されているA8チップに比べて処理能力がさらに向上し、バッテリーの消費電力効率を上げるように設計されています。

カメラ解像度

リアカメラは12MP(1200万画素)でiPhone6sと同じですが、iPhone6sPlusは光学式手ぶれ補正機能が搭載されており、手持ちによる不安定な状況やズームによる手ぶれの影響が大きい状況でユーザーをサポートしてくれます。

また、フロントカメラには5MP(500万画素)のカメラが搭載されています。

バッテリー

iPhone6sPlusは大容量のバッテリーを搭載しており、連続通話時間は最大24時間、インターネット利用時間は最大12時間です。iPhone6sの連続通話時間は最大14時間、インターネット利用時間は最大10時間となっています。

オーディオ再生ではiPhone6sPlusは最大80時間、iPhone6sは最大50時間となっており、比較的消費電力の小さい動作については連続使用時間に大きな差があります。

防塵・防滴機能

iPhone6sPlusには防塵・防滴機能が備わっていないため、野外や水場でご利用になりたい場合は専用の保護ケースの装着をオススメします。iPhone7以降のモデルからは防塵・防滴機能が採用されています。

ID認証

ID認証は指紋認証が採用されています。手が塞がっている、手袋をしている状態などで認識できないこともありますが、パスワードの入力を省けるといったメリットもあります。

iPhoneXではFace IDによる顔認証が採用されています。

Apple Pay

iPhone6sPlus発売後に発表されたApple Payですが、iPhone6sPlusでも利用することは可能です。ただ、店頭や交通機関にある端末で直接読み取ることはできず、ウェブやアプリケーションでの利用に留まるため注意が必要です。

3D Touch

iPhone6sとiPhone6sPlusから、画面を押す力の強さを感知する機能が搭載されました。この機能によって弱く押した時の動作、強く押した時の動作をさまざまなシステムやアプリで割り当てることで操作の幅が広がりました。

たとえば、ブラウザの操作中にリンクを強く押すことによってリンク先を一時的に表示したり、文字入力中に画面を強く押すことによって文字挿入位置を選んだり、といったことが出来るようになります。

Live Photos

この撮影機能は、シャッターを切った瞬間だけではなくその前後も画像として保存することで、ユーザーがより適切なタイミングで撮られた写真を選び取ることが出来るようになります。

また、撮影された一連の写真を繋げることによって動きのある画像として楽しむこともできます。

iPhone6sPlus こんな方にオススメ

「大型の画面で動画、ゲームを楽しみたい」、「バッテリーの容量は大きいものがいい」、「3.5mmイヤホンジャックを利用したい」、「安価でiPhoneを購入したい」といった方にはオススメと言えます。

ユーザーの利用方法によっては、より軽く携帯性に優れたiPhone6sやiPhoneSE、より機能が向上したiPhone7Plusも候補に挙がるでしょう。

iPhoneの機種変更をお考えの際は早めの買取りがお得

スマートフォンの機種変更をした際、今までの機器をそのまま保管しているという方も多いのではないでしょうか。保管したままなんとなく放置している、画面割れ・本体が故障している、売った後の個人情報が心配、といった様々な理由があると思います。

買取MAXでは壊れてしまった機器でも買取可能です。また、個人情報は買取前にお客様自身でデータの消去を行っていただきます。

新機種が発売されて価格が変動することもありますので、ぜひお早めの買取りをご検討ください。

※参考元 Apple Inc.