ifc買取MAXロゴ
電話番号ロゴ_埼玉

iPhone8 買取

iPhone機種変更をお考えの方は必見!iPhone8の特徴

この記事では買取MAXのスタッフがiPhone8の魅力をお伝えいたします。機種変更の際に気になるiPhoneXやiPhone 8Plusといった他機種との違いなども含めてご紹介いたします。

目次

iPhone8の基本的なコト

iPhone8(アイフォンエイト)は2017年9月22日に発売されました。さらに2018年4月13日には(PRODUCT)REDが発売されました。

背面がガラス張りになってワイヤレス充電に対応したり、Mac Bookを凌ぐ高性能なチップが搭載されたり、容量が64GBと256GBの2種類になったり…と変更点はたくさんあります。しかし、

  • iPhone8とiPhone7の違いは?
  • 一緒に発売されたiPhone8Plusとの違いは?
  • 大きさが似ているiPhoneXと何が違うの?
  • iPhone8のメリット・デメリットは?
  • iPhone8はどんな人にオススメ?

そんなお客様の疑問に買取MAXのスタッフがお答えいたします!

iPhone8とiPhone7の違い

 
iPhone8 iPhone7
シルバー / スペースグレイ / ゴールド / (PRODUCT)RED ジェットブラック / ブラック / シルバー / ゴールド / ローズゴールド
容量 64GB 256GB 32GB 128GB
画面サイズ 4.7インチ Retina HDディスプレイ 4.7インチ Retina HDディスプレイ
画面解像度 1,334×750ピクセル解像度、326ppi 1,334×750ピクセル解像度、326ppi
サイズと重量

高さ...138.4mm

幅...67.3mm

厚さ...7.3mm

重量...148g

高さ...138.3mm

幅...67.1mm

厚さ...7.1mm

重量...138g

CPU A11 Bionicチップ A10 Fusionチップ
カメラ解像度 12MP 12MP
バッテリー

連続通話時間 最大14時間

インターネット利用時間 最大12時間

連続通話時間 最大14時間

インターネット利用時間 最大12時間

防塵・防滴 IP67 IP67
ID認証 Touch ID Touch ID
True Tone ディスプレイ 対応 非対応
Apple Pay 対応 対応
ワイヤレス充電 Qi規格の充電器に対応 非対応
高速充電 対応 30分で最大50%充電 非対応
ポートレートモード 対応 非対応

iPhone8はシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3種で、iPhone7ではジェットブラック、ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの5種が発売されました。

さらに2018年4月13日にiPhone8 (PRODUCT)REDが発売されました。こちらは「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」を支援するAppleの活動の一環で、収益の一部が感染症に対する予防、治療、ケア・サポートへ充てられます。

iPhone7では2017年3月25日に(PRODUCT)REDが発売されていますが、現在(2018年8月17日)は発売終了となっています。

容量

容量は64GBと256GBの2種類です。iPhone7は32GBと128GBの2種類のため、容量はiPhone8が大きく上回っています。

サイズと重量

iPhone8はiPhone7に比べて0.1mm~0.2mmほどサイズが大きくなっています。

CPU

CPUはA11 Bionicチップ搭載で、iPhone7搭載のA10 Fsuionチップよりさらに性能が上昇しています。

また、一度に大量の情報を処理しなければいけないパターン、電力と性能を抑えて情報を処理できるパターンを見分けて効率よくCPUを動作できるようになっています。

TrueToneディスプレイ

iPhone8から用いられたTrueToneテクノロジーは、周囲の光を認識して環境に合わせた適切なホワイトバランスを自動で設定します。

画像や動画はより美しく実際的に表現され、まるで印刷されたかのような自然で正確な色合いを表現できます。

※ホワイトバランス…画面表示の基準となる白色をあらかじめ設定しておき、その色をもとに赤や青などの他の色を算出・描画します。

ワイヤレス充電

Qi規格の充電器に対応したことで、ケーブル不要で充電が可能になりました。公共施設のQi充電設備も利用できるようになります。

別売りのAirPowerがあればAir Podsなどの他のQi対応製品と合わせて同時に3台まで同時充電が可能です。

高速充電

iPhone8、iPhone8 Plusから高速充電対応となりました。接続環境にもよりますが、高速充電対応のLightningケーブルと電源プラグがあればおよそ30分で最大50%充電可能です。

ポートレートモード

ポートレートモードはiPhone7 Plusから新しく採用された機能です。被写界深度を自動で調整することで、被写体にピントを合わせながら背景をぼかしてプロのようなタッチの写真を撮影することができます。

※被写界深度…レンズに対して被写体のピントが合う範囲を示します。被写界深度が広い場合は被写体と背景の両方にピントが合いますが、範囲を狭くすることによって被写体だけにピントが合い、同時に背景がぼけた写真を撮ることができます。

iPhone8とiPhone8 Plusとの違い

 
iPhone8 iPhone8 Plus
カラー シルバー / スペースグレイ / ゴールド シルバー / スペースグレイ / ゴールド
画面サイズ 4.7インチ Retina HDディスプレイ 5.5インチ Retina HDディスプレイ
カメラ解像度 12MP 12MP 広角カメラと望遠カメラ
ID認証 Touch ID Touch ID
CPU A11 Bionicチップ A11 Bionicチップ
ワイヤレス充電 Qi規格の充電器に対応 Qi規格の充電器に対応
iPhone8とiPhone8 Plusの違いは主に5つです。

画面サイズ

iPhone8 Plusはゲームや動画をしっかりと楽しめる大きさになっています。
持ち運びに適しているのはiPhone8といったところでしょうか。
iPhone8…4.7インチ
iPhone8 Plus…5.5インチ

バッテリー

画面が大きいのにも関わらず、iPhone8 Plusの方がわずかに充電容量が大きくなっています。

【iPhone8】
容量…1,821mAh
駆動時間(通話)…最大14時間
駆動時間(インターネット)…最大12時間
【iPhone8 Plus】
容量…2,691mAh
駆動時間(通話)…最大21時間
駆動時間(インターネット)…最大13時間

メモリ(処理能力の容量)

メモリが多ければ多いほど同時に処理できる情報量が多くなりますが、1GBの差であればそれほど大きな影響を感じない可能性が高いです。
iPhone8…2GB
iPhone8 Plus…3GB

カメラ

iPhone8とiPhone8 Plus、カメラ性能が大きく違います。
iPhoneXにも搭載されているこのデュアルカメラ。
広角用、そして望遠用のレンズが2基搭載されていて、 用途に応じてレンズを切り替えることができるのです。
粗さを出さない「ズーム」と対象の被写体のみはっきり移す「ぼかし」機能が魅力的です。
また、iPhone7 Plusにもこのデュアルカメラが搭載されています。
もし、いいカメラの性能だけ欲しい、費用を抑えたいという方はiPhone7 Plusの購入を ご検討されてみてはいかがでしょうか。

価格

価格はiPhone8 Plusの方が1万2千円~1万7千円ほど高くなります。

iPhone8とiPhoneXとの違い

 
iPhone8 iPhoneX
カラー シルバー / スペースグレイ / ゴールド シルバー / スペースグレイ
画面サイズ 4.7インチ Retina HDディスプレイ 5.8インチ Super Retina HDディスプレイ
カメラ解像度 12MP 12MP 広角カメラと望遠カメラ
ID認証 Touch ID Face ID
CPU A11 Bionicチップ A11 Bionicチップ
ワイヤレス充電 Qi規格の充電器に対応 Qi規格の充電器に対応
手にもつとほとんど同じ大きさのように感じるiPhone8とiPhoneXですが性能は大きく異なります。

より大きい画面へ

ホームボタンを廃止にしたことにより、画面サイズが大きくなりました。 iPhone8…4.7インチ
iPhone8 X…5.8インチ

より綺麗なディスプレイへ

iPhoneXはOLED(有機EL)ディスプレイです。
※有機ELとは
従来の液晶ディスプレイは、「バックライト」から光を出し、「カラーフィルター」と呼ばれている膜を通ることで映像が表示されます。
有機ELディスプレイは有機物を使用しその「カラーフィルター」自体を発光させているディスプレイです。
発色をよりくっきりはっきりと、より黒に近い色を出す事が可能になりました。

指紋認証から顔認証

指紋認証「Touch ID」が5万分の1のが誤認識率なのに対し、
顔認証「Face ID」は100万分の1の誤認識率です。

重さ

iPhone8よりiPhoneXの方が重さを感じる作りになってます。
iPhone8…約148g
iPhone8 X…約174g

バッテリー

iPhone8とiPhoneX、大きさはほとんど変わりませんがXの方が長持ちです
【iPhone8】
容量…1,821mAh
駆動時間(通話)…最大14時間
駆動時間(インターネット)…最大12時間
【iPhone X】
容量…2,716mAh
駆動時間(通話)…最大21時間
駆動時間(インターネット)…最大13時間

iPhone8のメリットとデメリットは?

iPhoneシリーズの他機種と比較するとiPhone8のメリットあるいはデメリットになり得る大きな点は以下の四つです。

ホームボタンの有無

iPhoneXではiPhoneの大きな特徴であったホームボタンが廃されました。
解像度は比較的狭くなりますが、慣れ親しんだホームボタンのあるiPhoneを選びたい、となればiPhone8が当てはまるでしょう。

容量の違い

iPhone7以前の機種は32GBと128GBの2種類でしたが、iPhone8から64GBと256GBの2種類へと大幅に容量が増大されました。
動画、ゲーム、音楽や画像など、一度に多くのデータを持ち歩きたい方には魅力となるでしょう。

IDの認証方式の違い

iPhoneXではTouchIDからFaceIDへと認証方式が変更されました。顔を覆うマスクなど状況によっては使えない場合もあるようです。
逆に指紋認証の場合は手袋が影響を与える恐れがありますので、ユーザーによって向き不向きが分かれることもあるでしょう。

ワイヤレス充電

iPhone8からQi規格の充電器に対応し、ケーブルの接続がなくても専用の機器に本体を置くだけで充電できるようになりました。
毎日の充電の簡便さに加え、ケーブルやコネクタの消耗によって断線や接続不良を起こしていた方にもメリットがあると言えます。

高速充電

iPhone8から高速充電対応機器があれば通常よりも短時間で充電が可能になりました。
充電の消耗が激しい方、普段の充電を忘れがちの方には便利な機能と言えるでしょう。

本体サイズ

手で持った感覚はほぼ変わりありませんが、場合によってはiPhone7用保護ケースなどのアクセサリーを併用できなくなる恐れがあります。

iPhone8 こんな方にオススメ

旧機種の機能性、操作感をそのままに、よりスペックを向上させたのがiPhone8の特徴と言えます。
そのため「ホームボタンを使いたい」、「ID認証は指を使って行いたい」、「容量を増やしたい」、「カメラにこだわりがない」、「有機ELでなくともよい」、「ワイヤレス充電もしくは急速充電の機能を使いたい」という方にはiPhone8がぴったりです。
ただ、iPhone7からの機種変更をお考えの場合、iPhone8との間に目立った特徴の違いはないためより新しいモデルのご検討をオススメいたします。

お手元のiPhoneを売るなら新機種が発売される前に

新しいiPhoneが発売されると買取価格が変動する可能性があります。
機種変更をご検討の方、あるいは使っていないままの旧機種をお持ちの方はぜひお早めに買取をご検討ください。
残債有り、画面割れや水没などの故障品も買取可能です。